日本防衛戦略「核抑止編」2

水戸市千波湖畔演説 憲法記念日

マイナンバー制度について
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は茨城空港を「国家成長戦略」の一環として、以下の三つの観点から活用する
構想を掲げています。

1.《ハブ空港としての機能拡大》
茨城空港と成田空港間にリニアモーターカーを敷設し(所要時間7分。最速で直線
なら5分)、両者を一体化させ、「ハブ空港」としての機能を拡大します。
東京が世界の中心都市として経済発展と国際交流、更に新しい文明・文化の発信
源となっていくためには、ハブ空港としての機能拡大は非常に重要です。
茨城空港から東京へはリニアを敷設すれば所要時間13分です。
滑走路は需要に応じ増設します。高速道路のアクセスも北、南西、南東の三方向
から直に結び、利便性を格段に高めます。

2.《最先端産業への玄関》
つくば市は、航空・宇宙・ロボット・新エネルギー・農業技術等、「最先端技術
の中核都市」として新・基幹産業の創出が期待されています。
リニアモーターカーにより、つくば市が茨城空港から5分、東京から8分で結ばれ
ることで、情報力の強化、国際競争力の向上、国家戦略との連携、市場への迅速
な対応が可能となります。

3.《関東平野の東京化》
茨城空港─水戸─宇都宮─前橋を結ぶリニアを敷設し、「大東京圏」を構築しま
す。
宇都宮まで12分、水戸へは4分、前橋へも24分ですから、関東平野全体が、東京の
拡大都市の如き様相を呈していきます。
そして、世界でただ一つの1兆ドル都市経済圏を築きます。
空前の「理想国家・日本」の建設には世界でも圧倒的にNo.1の集積効果を有した
「巨大都市圏」の誕生が必要です。

地方空港を中核として、大胆なインフラ整備と、新しい基幹産業の創出が、繁栄
の未来を拓く鍵となるのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。